タグ「ニュアンス」が付けられているもの

うまく言葉が出ない

英会話の授業を受けているとうまく言葉が出てこないことがしょっちゅうです。
私の場合、最初に必ずといっていいほど、日本語が浮かんできます。それも、いかにも日本語らしい日本語で、これを英語でなんて言うんだろうというような言葉ばかり浮かびます。
たとえば、ユニークな発想とか、礼状とか。
日本語ではよく、「発想」という言葉を使いますが、このニュアンスを英語で表すのはなかなか難しいようです。辞書などを引いて、時間をかけて考えれば、何とか言えるのでしょうが、会話ではそうはいきません。
そこで、エー、とか、うーとか言って口ごもってしまうのです。

また、「礼状」は英語で、thank you letterといいますが、英語に慣れていないと、日本語と英語のギャップが大きく感じられ、この英語で、日本語の「礼状」を表しているのかが、どうもしっくり来ないことがあります。
英語を話す場合、気後れしないで、文法を間違えようが、発音を間違えようが、どんどん積極的に話すことが大事です。多少おかしくても、ネイティブならわかってくれます。
しかし、会話の際に、日本人が、もうひとつ引っかかるのは、日本語で考えていることを英語になおすと、なんだかとても簡単になってしまうことです。
私たちには、英語が日本語ほど操れないわけですから、英語で説明しようとすると、日本語のときよりも単純化してしまうのは仕方がないことです。
この辺の違和感をどこまで割り切れるかで、会話がスムーズに行くかどうかが決まってくると思います。