破損しそうなものは引越し業者に依頼しない

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越しの作業してる段階で何かが破損してしまった場合、引越し業者が保証してもらう手続きとなっているので、何が破損しているのか細かく情報をチェックして証拠として残しておく必要があります。
女性 ビジネス02.jpg
はっきりと破損したことが分かる物であれば良いのですが、引越し作業が完了した後に家電製品の故障が見つかる場合には、破損の状況が証明できないので難しくなってしまいます。

特に、パソコンなどは中に入ってるハードディスクのデータが壊れてしまうと起動できなくなってしまったり、重要な情報が呼び出せなくなる場合があります。

そのトラブルになった要因が引越であるのかどうか、証明する方法が乏しいため、引越し業者に破損の申請をしても通らない可能性が高いのです。

そのため、このような破損の可能性があるものに関しては最初から引越し業者に依頼しない考え方が必要になります。貴金属やパソコン、タブレットやスマホなど、落下で中身が破損してしまう可能性があるものは全て自分で移動します。

マイカーに積みこむことが出来る量を想定しても全ての貴重品を入れる事は容易なはずなので、後のトラブルを完全に回避するためにこれらの情報をチェックして、作業内容を明確にしておく必要があります。