割れ物の梱包に多くの時間を費やす

引越しの時に問題になってくるのは、割れ物の梱包です。お皿やコップ、ワイングラスなど割れやすいものを箱の中に詰めていくときには、しっかりとクッション材を間に入れていく必要があります。

そのまま、無造作に段ボール箱の中に入れてしまうとお互いに接触してヒビが入ってしまうことや、ちょっとした衝撃で割れてしまう可能性が高いので、お互いが付かないようにするために新聞紙などであんこを作っていく必要があります。

もしくは、ホームセンターなどで売られているプチプチシートを購入してきて利用するなどの対策が必要となります。最近では、よりコストの安い発泡スチロール素材のシートが売られている可能性があり、その素材を使えば新聞で折りたたむような感じでクッション素材を入れることができます。

ただ、このような梱包材に多くのコストを使ってしまうのはマイナスとなる為、できるだけ安いもので対応するように心がけるべきです。

引越しに必要となる材料は、ネットで情報集めていけばすぐに見つかるので、新聞紙以外にコストが必要な素材は安く販売しているショップを探して多めに調達しておきます。

新聞紙だけでも割れ物の梱包は可能ですが、かなり気を使うためかなりの時間を要してしまいます。