グローバル化の現代、英語くらいできなくちゃと思って勉強はじめて数年ですが、悲しいかな今だに自分の英語力に自信を持つことができません。とくにスピーキングが悲惨です。あ、リスニングもです(苦)なんとか、ま〜ま〜なのがリーディングですかね。

だいたい貧乏家計なので自分の英語学習予算を捻出することが難しいということもあってなかなか英会話スクールに行けないんです。

仕方ないのでテキスト使って独学で文法中心で勉強したり、NHKのラジオ英会話などを利用して続けてます。

いま一番気になるのはオンラインの英会話スクールです。リーズナブルな受講費用らしいし、先生とマンツーマンです会話ができるのが魅力ですよね。スカイプだったらうちのPCでもできるし・・・・

でも、とりあえず申し込む勇気とお金がないので、相変わらず一人で勉強続けてますが、道で突然外国の人に駅への行き方を聞かれたとき、やっぱりしどろもどろになってしまうんですよ〜。とほほ〜。

なんだろ?あがってしまうんですかね?ああ、やっぱり会話の場数が決定的に少ないから、さらさら〜っと自分の言葉として出てこないってことなんでしょうね。

あとから「ああ、こう言えばよかったんだ・・・」なんて思うけど後の祭りってやつです。

今年こそは少しでも会話力を向上させたい!!なんとかしたいよ〜!

女性 勉強する.jpg

日常の英会話は日本語を変えることだけです

英会話は日常の仕事以外の会話を英語を使って会話をする事を言いますので日常使用している日本語を英語に変える事だけですが初心者にとっては難しい事になります。

日本語を英語に変える事ですので日本語を書いた方が判りやすいです。午前中ですと誰かに遭いますと「お早うございます」と言いますが英語ではグッドモーニングと言います。
グッドは和訳すれば「良い」など意味はありますので他人に遭っていますので悪いという言葉は禁句になりますので「良い」と言う言葉を使います。その言葉で相手は気分が優れなくても同じ返答をする事で気分の変換になり気晴らしが出来ますので英語ではグッドを用います。

また和訳すれば様々な意味が含まれている事になります。

女性 ビジネス02.jpg


英語は他の単語と連結し、関連していますので単語の意味が多くあります。問いかけの言葉で相手に返答すればよい事になります。

英語の言葉は多数ありますが、その日の気持ちで会話する事になりますので声を掛けられれば、その言葉で返答すれば良いという事になります。
疑問形になれば単語を変える場合と、相手の質問通りの単語を返答する場合の2通りがあります。日本語でも同じように使い分けをしています。

その質問に返答が奇妙である場合は再度、聴きなおして調整して返答をします。

ノートとボールペン02.jpg

英会話を習っていて痛感するのは、会話以前のことが大切だということです。
これは当然といえば当然ですが、たとえば相手に対する態度です。

日本語でもそうですが、ニコニコしていなかったり、ぶっきらぼうだったりするのは、よくありません。
また、パーティなどで、親しい人同士で固まってしまって、話し込んでいて、知らない人に話しかけないのも、よくありません。
これは、日本人に良く見られる態度です。

そんなことはないという声が聞こえてきそうですが、学校の行事などで出かけたときのことを思い出していただくとわかります。

仲良しのお母さん同士で固まっていて、初めての人にはまったく声をかけない光景をよく目にします。
むしろ、仲間内で固まらないで、知らない人にも積極的に声をかけて、仲間に入れてあげる気遣いが必要だと思うのです。

そして、英会話の世界では、こうした気遣いは常識的なことなのですが、日本人同士の様子を見ていると、こういう態度が取れる人はなかなか少ないようです。

私は英語を話す前に、こういうことが大事だと考えています。そうでないと、英語はぺらぺらだけれど、ネイティブには、ちょっとねー、と思われてしまいます。
お互い同じ人間ですから、言葉以前に、きちんと振舞えるかどうかということが大事なんですね。
だから私は、英会話の勉強とともに、英語文化の中での振舞い方についての勉強も続けています。


うまく言葉が出ない

英会話の授業を受けているとうまく言葉が出てこないことがしょっちゅうです。
私の場合、最初に必ずといっていいほど、日本語が浮かんできます。それも、いかにも日本語らしい日本語で、これを英語でなんて言うんだろうというような言葉ばかり浮かびます。
たとえば、ユニークな発想とか、礼状とか。
日本語ではよく、「発想」という言葉を使いますが、このニュアンスを英語で表すのはなかなか難しいようです。辞書などを引いて、時間をかけて考えれば、何とか言えるのでしょうが、会話ではそうはいきません。
そこで、エー、とか、うーとか言って口ごもってしまうのです。

また、「礼状」は英語で、thank you letterといいますが、英語に慣れていないと、日本語と英語のギャップが大きく感じられ、この英語で、日本語の「礼状」を表しているのかが、どうもしっくり来ないことがあります。
英語を話す場合、気後れしないで、文法を間違えようが、発音を間違えようが、どんどん積極的に話すことが大事です。多少おかしくても、ネイティブならわかってくれます。
しかし、会話の際に、日本人が、もうひとつ引っかかるのは、日本語で考えていることを英語になおすと、なんだかとても簡単になってしまうことです。
私たちには、英語が日本語ほど操れないわけですから、英語で説明しようとすると、日本語のときよりも単純化してしまうのは仕方がないことです。
この辺の違和感をどこまで割り切れるかで、会話がスムーズに行くかどうかが決まってくると思います。

お金をかけなくても英会話は上達します

私は英語が好きです。
英検は2級を取りましたし、道で外国の人に道を聞かれても何とか答えます。
でも、学校の成績は高校に入ってからどんどん落ちました。
高校に上がると勉強の内容も高くなる上、英語も文法が入ってきます。
単語の羅列でも通じる英会話(?)と違い、頭を使わないといけなくなります。

その所為で、頭の悪い私は英語が一気に苦手になりました。
でも、英語を話すのは好きなので、大人になってから子育ての合間に自分で勉強していました。
教科書は英語の映画やドラマです。
元々映画も好きなので、録画したものやDVDを見ながらの勉強は楽しかったです。
また、会話から英語を学ぶので、普段の会話を覚えられます。

外国人 女性 本.jpg

勉強法という程のものではありませんが、まず、映画を日本語で見ます。
それから英語の字幕を付けて、英語で見ます。
早口だと聞き取れませんが、1/3でも1/4でも聞き取れる部分があれば良いです。
面白いセンテンスは覚えておきます。

そのうちイギリス英語が面白くなり、NHKの英会話教室のイギリス英語の番組を見たりもし、発音をイギリス英語に変えました。
そんなことを10年位続けていたら、ある日、子供の小学校からAETの授業の通訳を募集していると声を掛けられました。
見学すると、何とか私でも出来そうです。
それで、ボランティアでAETの授業のお手伝いを8年間しました。
AETのアメリカやイギリス、その他の国の方々と話すことによって、随分と英語が上達しました。

英会話の勉強はお金を掛けなくても充分出来ます。
あとは、ネイティブの人と話す機会を見つけましょう。

今している勉強

最近また英語の勉強を始めました。
英語は、過去に何度も勉強してはいつのまにかやらなくなった、ということを繰り返しているので、今回は続けたいです。
そのために私がしていることは、英語の勉強に使えそうなツイートを毎日見る(これがたくさんある!1番よく見るのがゴガクルです)、英語圏の人のツイートを見る(スラングが多くて意味がわからないものもありますが・・、ネイティブの人達のつぶやきは短い文でも読解が大変です)、ラジオ講座を聴く(基礎英語をおもに聞いています)、テキストを読む、くらいです。
ここでふと思ったのは、英語の勉強と英会話の勉強は、違うのかもということです。

英会話は英語でコミュニケーションをとるための言葉で、それは必ずしも学校での英語の勉強とは一致しないということは、日本の人の常識です。

学校の成績がよくても会話はできない・・・、そういう人はたくさんいます。

私もそのひとりです。
じゃ、勉強がムダかというと、そうではないと思います。

勉強しないで、いきなりネイティブの言葉を覚えるのは、ちょっとあぶないのではと思います。変なスラングばっかり覚えてしまったりとか。
私が今していることは、今までの勉強の強化と、そこから英会話につながるようにしたい、ということです。

zyosei-gattu.jpg